講師紹介


戸沢 佳代子 Kayoko Tozawa/チーフ

武蔵野美術大学大学院 造形研究科油絵コース修了 

卒業後、絵画制作活動。旅行好きが高じてオーストラリアのメルボルンに2年半住み着く間、シドニーとメルボルンで個展開催。帰国後は児童美術教室、高校非常勤講師を経て本コース講師に。 個展、グループ展多数。 

このコースには高校生から社会人までいろいろなバックグラウンドを持った人たちが居ます。そんな皆さんの良き相談相手になれたらいいな、と思います。 


寺尾 彩   Aya Terao

大阪芸術大学 放送学科卒業、ロンドン・メトロポリタン大学 Furniture and Product Design BA (Hons)

日本で社会人経験を積んだのちにイギリスでプロダクトや家具のデザイン、製作を学ぶ。留学前は仕事を続けながら週末に当コースで学び、ポートフォリオ準備をしました。苦手だった英語も克服し、イギリスではリサーチやスケッチなどの作品に至るまでのプロセスの大切さを学んだようです。彼女の経験の豊かさからくるコメントや前向きさに皆さんもきっと勇気が湧いてくるはずです。


井上 沙紀  Saki Inoue

多摩美術大学 生産デザイン学科 テキスタイルデザイン卒業

テキスタイルデザインを専攻されていましたが、現在はイラストレーターとしてご活躍中の井上先生。以前すいどーばた美術学院の基礎科でデザインを教えていた事もあり、デッサンやデザインの指導は頼もしい限りです。

留学準備でおろそかになりやすいのが実はデッサン…。デザイン、アニメーションの勉強をしていく上でとても大事な基礎となる“デッサン”をパースから質感まで“キビシく”しっかりと指導してくださいます。


鳥海 ひかり Hikari Toriumi

アメリカ、カルフォルニア芸術大学(CalArts)、キャラクターアニメーション科在学

当ホームページでお馴染み『カルアーツ便り』のTさんです!

高校生の時に当コースで受験準備をしていた時から、画力はもちろんの事、いろいろな事を学ぼうとする意欲がとても高かった事を思い出します。その後の活躍は『カルアーツ便り』をご覧ください。大学の長期休暇の間、アニメーション系を中心に、ドローイングや構成、色の事など教えて頂きます。彼女のライフ・ドローイングも必見ですよ。

☆カルアーツのProducer's Showに選ばれたフィルムはこちら


権瓶 千尋   Chihiro Gompei

イギリス、UCA芸大University for the Creative Arts) BA Fashion Textiles (Print) 卒業、RCA (Royal College of Arts) MA Mixed Media Textiles 修了


小木 央理   Ohri Ogi

オランダ、Design Academy Eindhoven で1年Basic Yearを学んだ後にGerrit Rietveld Academie BA Graphic Designに編入、卒業

 

高校卒業と同時に当コースで準備を始め、DAEに合格。翌9月からオランダに渡り5年間留学。現地ではインターンシップの経験も積みました。

現在はグラフィックデザインのお仕事をされながら留学コースの講師として、留学経験やデザイナーとしての知識を活かし指導にあたってくださいます。


サム・ストッカー Sam Stocker

イギリス出身 ハーベリングカレッジ BTEC Foundation Art and Design、レディング大学 美術学士(優秀)、エディンバラ・カレッジ・オブ・アート 大学院レベルコース修了、現在文科省の奨励を受け、東京藝術大学 博士課程に在学

イギリス、スコットランドで学んだのち、フリーランスのビジュアルアーティストとして、5年以上にわたりデジタル・ビジュアルアートのワークショップを企画・運営。スコットランドをはじめ英国の様々な場所において青少年や成人を対象にプロジェクトを行なう。過去に携わったプロジェクトでは絵画、ビデオ作成、アニメーション、彫刻、グラフィティ、グラフィックデザインを用い、パフォーマンス、展覧会、プレゼンテーションを通してその成果を発表。現在は文科省の奨励を受け東京藝術大学博士課程に在籍し精力的に作家活動を行っている。 展覧会、受賞歴多数。